• LINE
  • YOUTUBE
  • INSTAGRAM
  • FACEBOOK

お知らせNEWS

2021.11.15

ブログ患者様の声情報

子供の肘内障

しろくまファミリー鍼灸院

子供の笑顔を作る鍼灸師中司です。

 

本日は子供さんの症例をご紹介します。

 

【肘内障】

 

肘内障は腕をひっぱたりして肘の骨が靭帯からずれてしまうことで痛みを訴える症状です。

5歳以下のお子さんに起こりやすいと言われています。

 

今回ご来院くださったお子さんも5歳以下の男の子です。

保護者の方からご連絡いただきすぐに来てくれました。

 

最初は動かすことも痛くてできない状態で飴ちゃんをあげてみてくださいと言っても左手

悪くない方でとっていました。

施術時間は3分もかかりません。

肘内障の整復を行い、その時にしっかり入ったのがわかったので終了です。

 

おもちゃ箱からご褒美にとおもちゃを選んでとってもらいましたが、しっかり右手を伸ばして好きなおもちゃを選んでくれました。

 

肘内障はお子さんの手を引っ張ったりすると起こりやすいものです。

遊んでいる時やお買い物などで外出している時の何気ないことで起こることもあります。

気をつけてくださいね!

 

肘内障は比較的簡単にすぐ良くなります。

お子さんが肘や手を痛がって動かさない時は一度ご連絡ください。

 

整復もできる鍼灸師が見させていただきます😄

 

 

 

 

 

一覧に戻る

関連する記事はこちら

2018.3.11

ブログ

3.11

2018.5.17

ブログ情報

本日は大阪でした。